【病原体】

・ラブドウィルス科リッサウィルス属

【感染経路】

・狂犬病感染動物による咬傷。
・感染動物に傷口やその周辺を、なめられることにより感染動物の唾液が粘膜より侵入。
・多数のコウモリが棲む洞窟内に入り、感染コウモリの唾液をエアゾールの形で吸い込み感染。
・角膜移植でヒトからヒトへの感染が報告されている。

【病原体を媒介する動物】

・すべての哺乳動物(犬・猫・キツネ・アライグマ・スカンク・コウモリ・ハムスター他)

【症 状】

・ウィルスが脊髄に達した時、咬傷部のかゆみ・疼痛・頭痛・発熱・幻覚・麻痺などが現れる。
・咽疼痛、水を見ただけで発作(恐水病)
・顔に風が当たっただけで痙攣症状(恐風病)

【治療法】

・特異的な治療法はない。対症療法のみ。
発症した場合はほぼ100%の死亡率

【予 防】

・暴露前予防
ワクチンを1ヶ月おきに2回、さらに6ヶ月後に1回接種して、狂犬病に対して免疫を獲得する。(非清浄国への渡航の際)

  
・暴露後発病予防
ワクチンを咬まれた日を0日として、0・3・7・14・30・90日の6回接種する。


海外では一部の国を除いて世界各国で発生しています。国際交流が盛んになった現在、わが国は常に本病侵入の危険にさらされています。こんな恐い病気が日本で発生しない為にも、年一度の狂犬病予防注射を受けてください。

【狂犬病・発生状況】

発生状況に関しましては、こちらのページをご参照ください。