動物に心の安らぎや癒しを求める人が増加し、動物に対する考え方が従来のペットから、家族の一員としてのいわゆる「コンパニオンアニマル(伴侶動物)」へと変化しています。
  一方、飼育放棄や不適正な飼育方法による近隣住民とのトラブルなどの問題も発生しています。このため、動物を「命のあるもの」として認識を深め、人と動物が共生できる社会の実現を目指し、行政やボランティアと共同でいろいろな事業を積極的に実施しています。

T 動物愛護支援事業(獣医師会独自事業)

(1)譲渡犬・譲渡猫支援事業

大分県動物管理所または大分県の保健所で譲渡された犬、猫の不妊(避妊・去勢)手術の助成をします。

不妊(避妊・去勢)手術についてのお知らせ

 

(2)盲導犬支援事業

視覚障害者の手足となって活躍している盲導犬に対して、永く健康で活躍できるよう県内の盲導犬に対し、大分盲導犬協会を通じて予防衛生対策費(各種予防注射等)の支援をしています。

U 県からの委託事業

(1)優良な飼い主の育成事業

「愛犬しつけ教室」や「公園における糞放置防止啓発事業」、「犬・猫の適正飼育に関する啓発活動」等を行っています。

 

(2)動物愛護推進員等活動支援事業
「動物管理所譲渡会サポート事業」、「動物介在活動」、「動物愛護推進員養成講習会」、「動物愛護推進員活動報告会」等を行っています。


関連リンク

動物行政に関する扉〜動物愛護のページ〜
子犬・子猫の譲渡会