我が国の畜産振興を図るため、獣医師は、乳牛をはじめ肉牛、馬、豚、鶏など家畜診療と病気の予防、飼養衛生管理の指導などを受け持ち活躍しています、また、養漁場での魚病の診断、防疫といった水産分野でも幅広い活動を展開しています。
  また、家畜の伝染病防疫や家畜の改良増殖の仕事もその活動範囲。
  さらに動物用医薬品の安全性確保などのための製造、流通、使用に関する薬事監視のしごとも獣医師によって常時行われています。
  このほか、伝染病を国内や農場に持込まないために、導入される動物などの畜産物を検疫する仕事もあります。
  このような獣医師の活躍は、畜産物・水産物の生産現場から、国民の「食の安全確保」に大きく寄与しています。

主な仕事内容

・ 乳牛・肉牛の診療
・ 畜産農家の指導
・ 家畜伝染病の国内防疫(予防業務、検査業務)
・ 動物検疫(生きた動物、畜産物)
・ 動物医薬品の検定家畜疾病に関する試験研究
・ 家畜改良増殖
・ 魚病対応

乳牛の治療(点滴)

肉牛の治療(子宮の治療)

血液抗体検査

血液生化学的検査

 

演習(鳥インフルエンザ)