人と動物たちが生き生きと共存し合うことのできる社会の実現を目指すことは、今や人類共通のテーマです。「動物に親しみ、動物を愛するという行為を通して「いのち」の大切さ、かけがえのなさを感じ取って欲しい。」こんな願いを込めて、獣医師は動物愛護思想の普及啓発のための多くの活動を積極的に推進しています。
 また、家庭動物との正しいつきあい方、適正飼養に関する指導、犬のしつけ方法の普及などにも積極的に取り組んでいます。さらに盲導犬の健康管理や老人ホームなどの施設での家庭動物とのふれあいといった、人と動物の絆を基にした社会福祉活動に努めているのも獣医師です。